けんけんぱ日記

色々な筋トレのやり方 アルコールと筋トレ 無理しない筋肉トレーニング などほぼ筋トレなブログです。たまに筋肉じゃないこと書いてます。

疲れたときは休息も必要!

どうも!けんけんです。

 

昨日の背中のトレーニングから1日経ちましたが、いつもの通り背中が筋肉痛です。

 

抜群の安定感ですね。(笑)

 

今日は脚のトレーニングを行おうと思っていたのですが、たまにはゆっくりするのもいいかなと休息日にしました。

f:id:vkenkenv:20171206220029j:plain

 

筋トレと休息は切っても切れない関係で、休みなく筋トレを行うとオーバートレーニング状態になり、筋肉が細くなったり日常生活にも悪影響が出たり、良くないことだらけです。

 

有酸素運動は毎日行っても問題ありません。

 

むしろ毎日行った方が効果的です。

 

ですが筋トレのような無酸素運動は、筋肉を超回復させる休息日が必須です。

 

筋トレを行い傷ついた筋肉は、部位によって異なるのですが大体24時間から72時間という長い時間をかけて再生していきます。

 

傷ついた筋肉を再生する際に、筋肉が傷ついた時よりもさらに大きく再生することを超回復と言います。

 

回復してない筋肉にトレーニングで負荷をかけても、さらに傷ついて筋肉量は減っていきます。

 

しかも筋トレを行うと、万全の状態ではテストステロンというホルモンの分泌が上がるのですが回復してない状態だと、コルチゾールの分泌が上がります。

 

テストステロンは筋肉の成長を促進させる効果のあるホルモンの一種です。

 

筋肉に効果的なだけでなく、やる気や精力の向上など精神面でも効果を発揮します。

 

一方コルチゾールは体にとっては必要なホルモンなのですが、増えすぎると筋肉を分解して糖質に変換してしまいます。

 

コルチゾールはストレスによって分泌されます。

 

肉体的ストレスはもちろんですが、精神的なストレスでも分泌されるんです。

 

せっかく筋トレを頑張るのにオーバートレーニングだといいことなしです。

 

休みすぎはあまりオススメしませんが、適度な休息は筋肉が大きくなる第一歩です。

 

筋トレを休んで時間を持て余すようなら、明日からの筋トレについて考えたり、トレーニング方法を研究してみるのもいいかもしれません。

 

きっと新しい発見が待っているはずです。

 

普段は筋トレをしているのでお風呂にもゆっくり浸からない方もいらっしゃると思います。

 

f:id:vkenkenv:20171206220056j:plain

ゆっくりお風呂に入ってリラックスすることで、明日からのモチベーションが上がると思います。

 

体を動かしていないと落ち着かないという方もたまにいらっしゃいますが、そんな方は有酸素運動をしてみてはいかがでしょうか?。

 

公園をジョギングしてみたり、自転車を気の向くまま走らせてみたり。

 

書いていて私がワクワクしましたが、私自転車持ってませんでした。(笑)

 

休息日は体を休めるだけではなく、気持ちもリラックス出来ます。

 

トレーニングはストイックに、気持ちはおおらかに。

 

明日からもトレーニング頑張りましょう。(*´ω`*)