けんけんぱ日記

色々な筋トレのやり方 アルコールと筋トレ 無理しない筋肉トレーニング などほぼ筋トレなブログです。たまに筋肉じゃないこと書いてます。

背中の贅肉を落としてお腹回りをさらにスッキリと

どうも!けんけんです。

 

今日は腹筋の痛みが引いたので腹筋でもよかったのですが、更に超回復してもらいたいなと思い、背筋のトレーニングを行いました。

f:id:vkenkenv:20171205221154j:plain

背筋は地味にきついので苦手なんですが、かっこいいお腹回りには背筋は避けて通れません。

 

背筋が大きくなったらTシャツが似合うこと間違いなしです。

 

引き締まった腰回りと大きな背中。

 

背中のトレーニングを頑張ると、両方を手に入れられるのは時間の問題ですね。

 

それでは、今日行ったトレーニングを紹介していきたいと思います。


ダンベデッドリフト

 

youtu.be

 

ダンベデッドリフトは、筋トレBIG3のバーベル版です。

 

基本的にはバーベルのデッドリフトと同じ部位のトレーニングなのですが、ダンベルなので可動域が広く、ダンベルを上げるときに胸を張ることで僧帽筋にまで効果が出てきます。

 

大臀筋やハムストリング、大腿四頭筋といった下半身の筋肉にも非常に効果的です。

 

正しいフォームで行うことで、広背筋の腰の部分(背中の贅肉がいる部分ですね。)に効果的です。

 

立った状態で始めることも多いのですが、私は背中のポジション確認のため前傾で始めます。

 

ダンベルを上げ終わりの時にちゃんと胸を張り、広背筋上部を意識してトレーニングを行いましょう。

 

慣れないうちは軽めの負荷からトレーニングを始め、正しいフォームを覚えることから始めてください。

 

15回x3セットを目安でトレーニングを行いましょう。

 

ダンベルベントオーバーロウ

 

youtu.be

 

肩幅くらいに足を開き、軽くひざを曲げます。

 

デットリフトとスタートポジションはほぼ同じなのですが、ダンベデッドリフトで紹介してなかったので改めて紹介します。(;´・ω・)

 

膝を軽く曲げた状態で、胸を張り肩を気持ち下げます。

 

イメージとしては、胸を張ったまま視線をちょっと落とします。

 

ダンベルを肩甲骨で引き上げる感じでトレーニングを行ってください。

 

15回x3セットを目安で頑張ってみましょう。

 

・ストレッチ

体をひねる動きのストレッチを筋トレをした後に5分ほど行います。

 

私背中を鍛えると、ほぼ100%の確率で筋肉痛になります。

 

私の背中が貧弱なだけかもしれないんですが。(笑)

 

前の背中の筋トレからストレッチを行っているんですが、前回は軽い筋肉痛でしたが今回はどうなるんでしょう?。

 

明日が楽しみです。

 

苦手なトレーニングを行った日ほど達成感はでかいんですが、筋肉痛もでかいです。(笑)

 

できるなら筋トレを行っている途中や筋トレ後に、BCAAの接種や筋トレ後のプロテイン摂取は効果的だと思います。

 

苦手意識を克服して、でっけえ背中を目指して明日からも筋トレ頑張っていきましょー ( `ー´)ノ