けんけんぱ日記

色々な筋トレのやり方 アルコールと筋トレ 無理しない筋肉トレーニング などほぼ筋トレなブログです。たまに筋肉じゃないこと書いてます。

タバコ吸っても筋トレって効果ある?

 

 

 

どうも!けんけんです。

 

タバコは体に良くないということは、皆さんご存知だと思います。

 

体に良くないということは、当然筋トレにもよくないということになります。

 

ではどうよくないのか? 今日はタバコがもたらす影響について書きたいと思います。

f:id:vkenkenv:20171108224016j:plain

タバコの含有成分はニコチン タールだけじゃない

 

たばこに含まれる有害物質はどのくらい入っているのでしょう?

タバコのパッケージには、タールとニコチンくらいしか記載はありませんよね?。

 

実は、たばこの煙の中には、4000種類の化学物質が含まれているそうです。

 

その中には、200種類以上の有害物質、50種類以上の発がん性物質が含まれます。

 

その有害物質の代表格と言えば、タール、ニコチン、一酸化炭素などですが、

そのほかにも、工業用溶剤に含まれるトルエンや車のバッテリーに用いられるカドミニウム、アリの駆除剤に含まれるヒ素など、タバコの煙の中には人体に大変有害な物質が、大量に含まれています。

 

タバコを吸うと老ける?  

 

タバコを長い間喫煙すると、スモーカーズフェイスと呼ばれる喫煙者特有の顔つきに向かっていきます。

 

目じりや口の回りに目立つ深いしわ、肌の張りやツヤはなくなり、歯や歯茎の変色、口臭などが、スモーカーズフェイスの特徴です。

 

スモーカーズフェイスは年齢に関係なく、喫煙者全員にあらわれるのです。

 

禁煙できないワケ     

 

タバコをやめられないのは、ニコチン依存症が原因です。

 

タバコを吸うと、ニコチンは脳にあるニコチン受容体と結合します。

 

すると、快感を生じさせる物質(ドーパミン)が大量に放出され、喫煙者は快楽を味わうことができます。

 

これが「タバコを吸うと落ち着く」といった効用が得られるしくみです。

 

しかし、30分もすると体内のニコチンが切れて、イライラしたり落ち着かないなどの離脱症状(禁断症状)が現れます。そして、その離脱症状を解消するために、またタバコを吸うようになり、その繰り返しによってニコチン依存症になってしまうのです。

 

筋トレに生じる喫煙の悪影響

 

1・喫煙をしていると、肺の機能が低下して、酸素を取り込む力が弱まります。

酸素を取り込む力が低下すると、運動能力の低下につながり、100%のトレーニングパフォーマンスが期待できなくなります。

 

2・喫煙をしていると、新陳代謝も悪くなります。

新陳代謝が悪いと、筋トレで傷ついた筋繊維の回復を担う自然治癒力も低下します。

自然治癒力の低下は、超回復の速度低下につながります。

超回復の速度が低下すると、筋肉の成長速度や脂肪が落ちるスピードも当然落ちてしまうのです。

 

3・喫煙をしていると、肺機能の低下、血圧や心拍数の上昇を引き起こします。

肺機能の低下や血圧の上昇で、非喫煙者に比べると、呼吸が苦しくなったり、過度の疲労感がもたらされます。負荷が少ない筋トレでも過酷なトレーニングに感じられ、しかも効果を満足に出せないので、モチベーションの低下につながりかねません。

 

f:id:vkenkenv:20171108193213j:plain

まとめ          

 

タバコの悪影響を書くと、きりがないくらい出てきます。

 

私自身も喫煙者なのですが、この記事をきっかけに、

喫煙について見直してみようかと思います。

 

 

明日も~

筋トレ頑張りまっす!