けんけんぱ日記

色々な筋トレのやり方 アルコールと筋トレ 無理しない筋肉トレーニング などほぼ筋トレなブログです。たまに筋肉じゃないこと書いてます。

筋トレ中期間もお酒はやっぱり飲みたいもの

 

どうも!けんけんです。

 

筋トレも大好きだけどアルコールも大好き。!って方多いのではないでしょうか?。

 

私もアルコール大好き人間です。(笑)

 

トレーニングを頑張って美味しいお酒を飲みたい!。

 

でもアルコールは筋肉によくない。でも飲みたい・・・・・

んじゃ飲んじゃいましょう。(笑)

 

上手に付き合うのは大切ですが、ストレスを貯めないことはもっと大事です。

 

www.vkenkenv.com

 

アルコールの摂取量    

 

アルコールにも当然カロリーはあります。

 

アルコール1g中には7Kcalほどあり、ビール350mlだと、150kcalほどです。

 

ちなみに、アルコールがトレーニングに及ぼす影響を、研究した記事を見かけたのですが、その記事には、0.5g/kgのアルコール摂取であれば、テストステロン、その他のホルモンに、ほとんど影響を与えないと書かれています。

https://www.t-nation.com/diet-fat-loss/lifters-guide-to-alcohol

その記事にはこうも書かれていました。

・アルコール摂取は軽めに。(3杯まで)

・もっと飲みたいなら、筋トレの後に

 

そうです。飲んでもいいのです。限度をわきまえれば。

ですが、飲みだすとその限度が難しいんですよね(笑)。

 

アルコールを摂取しているとき、つまみについつい手が伸びますよね?。

 

それ、駄目なんです。(*ノωノ)

アルコールを摂取すると、肝機能がアルコールのカロリーのみをターゲットにして消費しようとするので、おつまみのカロリーはそのまま体に蓄積されます。

 

どうしてもアルコールのお供がほしいという方は、冷ややっこやキムチなど、

カロリーが低いものを選ぶと良いでしょう。もろきゅうなどもお勧めです。

 

でももっと飲みたい    

 

アルコールの摂取量を節制すると、当然酔えませんよね。

 

んじゃ飲んじゃいましょう。(笑)

 

私の見解なのでお勧めはしませんが、いい気分になるくらいの飲酒は筋トレにとって、

そんなに悪影響じゃないと思います。

 

我慢しすぎてコルチゾール分泌しまくりな方が筋トレにとって悪影響です。(笑)

 

飲酒すると、コルチゾールと言う筋肉の増強を抑止するホルモンが分泌されるのですが、ストレスでも分泌されるんです。

 

ストレス貯めて我慢して、筋トレ行うよりも、飲んだ分だけ明日頑張ろうって思える筋トレの方が絶対楽しいですよね。次の日の筋トレは、当然きついでしょうけど。(笑)

 

お酒が大好きで筋肉バキバキな方は有名人でもいらっしゃいます。

 

EXIELやLDH所属の方はお酒大好きで有名です。

飲み会の時には、レモンサワー2500杯を飲み干したことがあるとか。

 

                         出典:EXILE Official Website

 

Gacktさんの酒豪っぷりもかなり有名です。

ご自分の誕生会の時には、「地獄のテキーラ祭り」と称してテキーラの一気飲みを、

ファンの前で披露したそうです。

 

出典:http://sekainodaihugou.net/wp-content/uploads/2017/02/mig.jpg

 

酒豪とうたわれる芸能人の方々と比べ、普通にたしなむ程度の人であれば、

お酒を飲む量も微々たるものではないのでしょうか?。

 

毎日羽目を外すほどの飲酒はどうかと思いますが、飲酒できないことによるストレスが

貯まらないほどの適度の飲酒だったら、私はアリと思います。(私の見解です。)

 

飲酒を楽しみながら筋トレも楽しむ。

ストレスを貯めずに頑張れるのが、長続きする筋トレの一歩だと思います。

 

さて明日も~

筋トレ頑張りまっす!